トップページ長崎学さるく いなづまや その傾城と仮まくら
学さるくのページへ

いなづまや その傾城と仮まくら

長崎市興善町に生まれた俳人・向井去来。芭蕉の俳論をまとめた「去来抄」を出版するなど蕉風俳諧の継承に力を注いだ「蕉門の十哲」の一人です。長崎に数多くあるゆかりの句碑をめぐります。

空き状況検索・参加予約は、下のボタンをクリック。
または、長崎国際観光コンベンション協会(095-811-0369)へお電話でお願いします。

■日時
平成21年9月10日(木)  9:30~13:00
■講師
長崎史談会 顧問 宮川雅一氏
■集合場所
中の茶屋
■コース
史跡料亭・花月 (電車) 渡鳥塚 春徳寺 諏訪の月碑(諏訪神社参道) 松森神社 富貴楼(昼食)
■参加料
小学生以上 4,000円
■定員
20名
■特徴
昼食付き/電車での移動/1~2km
■備考
・9月10日は去来忌(向井去来の命日)です。

※ 予約受付後、集合場所の地図や入金方法などの詳しい情報を送付いたします。
※ 直前のキャンセルはキャンセル料がかかる場合があります。
※ 最少催行人員に満たない場合、中止になることがあります。

 予約システム

このページのトップへ戻る