長崎学さるくへ ニーズ別メニューへ
蘭(西洋)

キリスト教の伝来とともに開かれた長崎のまちは、鎖国時代、海外との交流が許された“貿易の地”として栄えていきました。開国後の外国人居留地には、教会や学校、個人住宅などが建設され、異国情緒漂う現在の長崎の基盤を造りました。開港から鎖国時代を経て、開国に至るまでに長崎にもたらされた西洋文化に触れます。

蘭(西洋)
平和のテーマへ 華(中国)のテーマへ 和(日本)のテーマへ
   
長崎は今日も異国だった 
     ~港がみえる坂から大浦天主堂へ~
   
東山手の“異国”散歩 
     ~オランダ坂と洋館めぐり~
   
シーボルトの寄り道 
       ~あじさいの里 鳴滝散歩~
   
ロシアと稲佐・交流支えたお栄の道 
       ~江の浦界隈から国際墓地へ~
   
二十六聖人の道を歩く 
       ~浦上街道を西坂の丘へ~
   
夕陽が美しいキリシタンの里 
       ~遠藤周作が魅せられた町~
   
歴史浪漫散策 
     ~グラバー園~
   
出島タイムスリップ 
       ~扇形の宝の島~

このページのトップへ戻る