長崎街道 ~日見峠を越えて~

Send Us An Enquiry
Send Us An Enquiry
Full Name*
Email Address*
Your Enquiry*
Save To Wish List

Adding item to wishlist requires an account

2401

長崎街道は、江戸時代に整備された脇街道と呼ばれる道の一つ。小倉から長崎までを結んでいる。街道一急峻な坂道で「西の箱根」と言われた日見峠、夏には蛍が乱舞し長崎の玄関口であった蛍茶屋、往時をしのばせる日見関所跡等を辿ります。オランダ商館長や長崎奉行が行き来した道を歩いてみませんか。

空き状況検索・参加予約は、上のボタンをクリック。
または、長崎国際観光コンベンション協会(095-811-0369)へお電話でお願いします。

コース行程

集合場所日見公園

日見宿跡

芒塚句碑

日見峠関所跡

本河内ダム

蛍茶屋跡

終 点長崎街道ここに始まる(石碑)約8km

コース概要

日 時

2019年9月16日(月祝)10:00~13:30

申込期間

予約開始日~3日前17:00まで

集合場所

日見公園

解散場所

長崎街道ここに始まる(石碑)

参加料

小学生以上 800円

定 員

15名(最少催行人員5名)

備 考

  • 健脚コース(距離:約8Km)
  • 実施日前日のキャンセルより参加料金を全額お支払い頂きます。

注意事項

  • 催行人員に満たない場合は中止となります。
  • 天候等により変更・中止する場合があります。
  • ガイドやスタッフの指示に従われない方、泥酔、危険行為など、他のお客様の迷惑になる行為を行う方は参加をお断りします。また、コース途中で参加をお断りする場合、参加料の払い戻しは行いませんので、あらかじめご注意ください。
ガイド
さるくガイド 小島昭徳