【初登場】長崎製鉄所と三菱造船の歴史をたどる

Send Us An Enquiry
Send Us An Enquiry
Full Name*
Email Address*
Your Enquiry*
Save To Wish List

Adding item to wishlist requires an account

1786

なぜ造船業が長崎から始まったか?
近代的な造船業・重工業の歴史を世界遺産の旧木型場(史料館)や土佐藩参政の後藤象二郎宅跡などをさるきながら、そのなぞを解き明かします。

コース行程

集合場所JR長崎駅かもめ広場

(シャトルバス)

旧木型場(史料館)

(シャトルバス)

長崎駅

後藤象二郎宅跡

新町活版印刷所

平野富二生誕の地

土佐商会跡

終 点鉄橋

コース概要

日 時

2019年10月 5日(土)、10月19日(土)、11月 2日(土)、11月16日(土)、11月23日(土祝)、12月 7日(土)9:30~12:00

申込期間

予約開始日~2日前17:00まで

集合場所

JR長崎駅かもめ広場

参加料

大人各 800円、中高生各 400円

定 員

各15名(最少催行人員5名)

備 考

  • 三菱重工史料館入館料(大人(高校生以上)800円、小中学生400円)は別途ご負担頂きます。

注意事項

  • 最少催行人員(5名)に満たない場合、中止になります。
  • 天候等により変更・中止する場合があります。
  • ガイドやスタッフの指示に従われない方、泥酔、危険行為など、他のお客様の迷惑になる行為を行う方は参加をお断りします。また、コース途中で参加をお断りする場合、参加料の払い戻しは行いませんので、あらかじめご注意ください。
ガイド
元三菱重工長崎造船所史料館チーフ 稲岡裕子

コースを探す